任意整理を行うまで

ここでは、何故私が借金を積み重ね、任意整理を行うと決めたのか、その理由と沿革・流れを書いている。また、同じシーン・似たようなシーンになった人へ、私からのメッセージも付け加えているので、是非最初に読んでもらいたい。

  1. 初めてのローンとクレジットカード所有 若い時は身の丈にあった買い物を心がけよう【債務整理を行うまで 01】
  2. クレジットカードの複数所有と乱用【債務整理を行うまで 02】
  3. 初めてのキャッシング 本当にどうにもならないか考えよう【債務整理を行うまで 03】
  4. 消費者金融に手を出す。本当にそれで良いのか考えよう【債務整理を行うまで 04】
  5. 増え続ける借金 またも手を出してしまう消費者金融【債務整理を行うまで 05】
  6. 運命の転機 初めて自分が変われた時【債務整理を行うまで 06】
  7. 最終話 弁護士との面談とその後 過払い金が戻ってきた!【債務整理を行うまで 07】

今、任意整理を考えている人へ

上記を全部読んでもまだ任意整理に踏み切れない人へ。なぜ踏み切れないのか理由が明確ならまだ未来はあるだろう。でも明確な理由も無いのに任意整理に進めないのなら、もうこの先は無いと考えた方が良い。夜逃げをして世捨て人になって暮らすか、戸籍を忘れて暮らす事になる。実際に戸籍を捨てた人間も知っているが、日の当たるところにはもう2度と出て来れないという事は知っておいて欲しい。

任意整理のデメリットももちろんある。しばらくはクレジットカードも作れないし、ローンも組めない。最低でも5年は無理だ。

しかし、借金返済に頭を悩ませる日々とはお別れ出来るのだ。五体満足で仕事があればクレジットカードやローンが組めなくても生活は十分に出来る。今はデビットカードもあるし電子マネーもある。クレジットカードが無くてもいくらもで代わりの方法はあるのだ。

その事は覚えておいて欲しい。だからこそまずは債務整理のために弁護士なり司法書士なり、相談できるところに相談をして欲しい。

武 富士夫をフォローする
それでもお金を借りますか?債務整理経験者からの助言