今までお金を借りた事が無い人がどうしてもお金を借りたい時

それでもお金を借りる時

今までお金を借りた事が無い人でも、急にお金を借りなければ行けない時はあるだろう。金額的にそれほど多く無いのであれば友人に借りるという事も可能だろう。

でも、出来れば友人にはお金を万単位のお金は借りない方が良い。そこから関係が崩れる事もあるからだ。若い人なら素直に親に借りれば良いと言えるが、親に頼む事が出来ない人もいるだろう。

今までお金を借りた事が無い人が金融系からお金を借りないといけない事態になった時、気をつけた方が良い事を書いておく。

金融系でお金を借りる事に罪悪感があるのなら消費者金融で借りるべき

消費者金融でもクレジットカード会社でも金融系の会社からお金をまだ借りたことがなく、それでもお金を借りないといけない事態になった時、もし金融系の会社からお金を借りる事に罪悪感を持っているのなら、消費者金融で借りる事を薦める。

それは何故か、理由は簡単だ。消費者金融でお金を借りるという罪悪感が返済を早めるからだ。

クレジットカードを持っているのならクレジットカードで借りるのが正直、一番簡単だろう。コンビニにいってATMで簡単に借りられる。初めて作ったクレジットカードでもほとんどのクレジットカードで10万円くらいのキャッシング枠はあるものだ。でも、ATMで簡単に借りられるお金というものに、罪悪感はあまり発生しない。消費者金融の戸を開いて借りるお金には罪悪感を感じる人が多い。そのためにクレジットカードで借りるよりも早く返す事が出来るだろう。

返すあてがすぐにあるのなら消費者金融で借るべき

例えば10万円くらいのお金が必要だが、10日くらいで返せるあてがあるのなら、この場合も消費者金融で借りる方が良い。理由は3つだ。

1つは先に書いている通り、早く返さないといけないという気持ちが発生する。

もう1つは、消費者金融は今、10日間や2週間なら無金利でお金を貸してくれるところが多くあるからだ。ただで借りれるものなら借りた方が良い。

最後に、クレジットカードでキャッシングをしてしまうと、ついつい後で返せば良いと考えてしまう事が多いため、返せるあてがあったのに他のものに使ってしまうリスクが発生してしまうからだ。

返せるあてがある時こそ、上手く消費者金融を使い金利を払わず、そして後ろめたさから早く返せるものだ。1度や2度、消費者金融からお金を借りても別に人生ではそれほど影響はしない。

ただし、あなた自身が金融系で働いているのなら当然話は別になるが。

後ろめたさを忘れない

もし、実際にお金を借りた時に後ろめたさを感じられたのなら、大丈夫だ。きっと返せる。もし、この後ろめたさを感じられなくなるのならば、きっと破産をするだろう。

はじめてお金を借りた時の後ろめたさは忘れないでいて欲しい。それが借金まみれにならないために大切な事だからだ。

コメント