スポンサーリンク

クレジットカードの返済で全く待ってくれなかったのはVIEWカード(JR東日本)だけだった。

借金で悩む男 クレジットカードについて
スポンサーリンク

もっとも借金が多かった時、どうしても返済でお金を用意する事が出来ない時も何度もあった。クレジットカードの支払いが出来なくてクレジットカード会社に電話をしてリボ払いに変更してもらったり利息だけにしてもらう等の対応を何度かしてもらった。

もちろん、そんな状態だからクレジットカードの有効期限が来たら更新はしてもらえない状態となっていた。

ただし、ほとんどのクレジットカード会社は支払えないというとある程度は相談に乗ってくれたし、解決策を提示してくれた。しかし1社だけ全額絶対に払ってもらわないと困る!会社があった。それはどこか?

JR東日本のVIEWカードだった。

スポンサーリンク

相談に乗ってくれるカード会社と乗ってくれないカード会社

そんなに多くのクレジットカードを所有していた訳では無いから絶対にこうだ!とは言えないがクレジットカード会社は基本的に会員と連絡が取れなくなることをもっとも嫌う。返せないのならば返せないと言えばほとんどはきちんと相談に乗ってくれて、解決策を出してくれる。

しかし、VIEWカードだけは

「全額◯日までに必ず入金して下さい!」の一点張りだった。

そのため、お金を用意しようとして他のクレジットカードのショッピング枠の現金化に手を出す事になる。

もちろん借りたのに返さない私が一番悪いが、必ず入金するように言ったVIEWカードを当時は恨んだものだ。

これは5年以上前の話のため今は異なるかもしれないが、参考程度にはなるかもしれないので書いてみた。

スポンサーリンク

カード会社は鬼では無い

今はほとんどのクレジットカード会社は鬼では無い。返せない時はきちんと返せないと相談をすれば良い。親切に相談に乗ってくれる。

無茶な取り立てをすれば危ない事など百も承知している。

実際に返せないと言えば、利息だけでも無理かとか、リボ払いに変更しませんか?という解決策を提示してくれるので、もし支払えない時があれば相談をきちんとして欲しい。電話連絡をきちんとしておけばまず訴えられるという事はない。しかし何カ月も連絡を取らなかったり、電話があっても無視を続けていれば当然、差し押さえや訴えられる可能性はある。

言い換えればきちんと連絡が取れていて返済する意思さえ見せていればある程度の期間(3カ月くらい)は、何か行動に移すという事はしない。

それは当然の事だ。わざわざ支払いが遅れている人全員にすぐに裁判等を行っていたら採算が合わないからだ。だから本当に支払う意思の無い人のみに裁判や差し押さえは行う事にしている。

スポンサーリンク

まとめ 支払いが出来ない時は必ず連絡を

クレジットカードの支払いが出来ない時は必ず電話をして、支払えない事を連絡すること。

また1回くらい遅れてもよく言われるブラックリスト入りなどはしない。2~3日遅れたぐらいならその後のカードの使用に何か影響が出るかと言えば、そんな事は無いので安心して欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました