任意整理しても作れるクレジットカードはあるか?

クレジットカードについて

任意整理をしたら、5年もしくは10年はクレジットカードを作れないと弁護士から言われた。ただしネットを見ていると「ブラックでもクレジットカードを作る方法」「任意整理してもクレジットカードを作る方法」というものを目にした事があるだろう。

これは本当にそうなのか?

ブラックでもクレジットカードは作れるが・・・

実際には確かに作れるクレジットカードはあるが、ほぼ無理だと思った方が良い。作れる条件としては借金を完済している事と弁護士や司法書士を通じてきちんと債務整理が完了している事が最低条件となる。更に現在の資産状況・収入状況がかなり良い事が条件となる。ギリギリの生活をしているのならまず無理だと思った方が身のためだろう。

クレジットカードを作る場合、クレジットカード会社は個人信用情報機関に問い合わせを行う。現在、日本には3つの個人信用情報機関がある。CIC、JICC、KSCの3つだ。CICとJICCは任意整理を行い完済後5年で信用情報が元に戻る(厳密に言うと元に戻る訳では無いがある程度のクレジットカード会社で作れる状態になる)が、KSCのみ10年かかる仕組みになっている。KSCを利用しているのは主に銀行系のクレジットカード会社だ。だから5年経過してクレジットカードを作る場合は銀行系のクレジットカード以外を狙った方が良い事になる。

そして、CICとJICCの信用情報は見るものの完済さえしていれば、現在の資産状況・収入状況次第でクレジットカードを発行してくれるところが2箇所あると言われている。

それはどこか、1つはアコムの発行するクレジットカードだ。ただし、簡単には作れない。かなり厳しい事を聞かれる上に必ずしも審査に通る訳では無い。

もう1つは、物凄く意外だと思うかもしれないが、アメリカン・エキスプレス・カードだ。アメックスと言えば金持ちの象徴と思う人も中にはいるだろうが今のアメックスはそんな事はなく、就職をしており定期収入があり、過去に任意整理等の事故を起こしていなければまず作れてしまうクレジットカードなのだ。

更に任意整理等を行っていてもアメックスは独自の審査を行うため現在の資産は収入状況が良ければクレジットカードを発行してくれるのだ。言い換えれば資産状況が悪い、収入状況が悪いのであれば作れないということになる。

クレジットカードが欲しいと思う時点でまた同じ事を繰り返す

なお、任意整理や自己破産をしてもまたクレジットカードがすぐに欲しいと思うようであれば、同じ事を繰り返してしまうだろう。もしクレジットカードが手に入れば数年後にはまた破産しかけていると思う。

確かに生活をする上でクレジットカードはあれば便利ではあるが無くても生活は出来るものだ。

電子マネーやWebマネーが普及した現在、クレジットカードが無くてもどうにかなる事が増えている。

更にデビットカードがかなり普及している今は、デビットカードもほぼクレジットカードとして同じように使える。だからクレジットカードにこだわることなく、デビットカードでも十分なのだ。

デビットカードは基本的に銀行と直結しており、デビットカードで支払った瞬間に銀行の口座からその分が引き落とされる仕組みだ。銀行にその分の貯金がなければ使えない事になる。

だからデビットカードでも作った方が堅実なのだ。

任意整理した時と同じ暮らしならクレジットカードは作るな!

任意整理をした時と同じ暮らし、例えば任意整理した時は独身、今も独身というように生活の基本が変化していないのならクレジットカードは作ってはいけない。同じ事を繰り返すだけだ。

例えば任意整理した時は独身だったが、今は結婚して子どももいるとなれば別だ。守るべきものがあれば人はそれほど道を踏み外さない。

任意整理した時には守るべきものがあまり無かったのではないだろうか?

クレジットカードを再び作りたいと思うようになったら、本当に大丈夫かもう1度考えて欲しい。

コメント