スポンサーリンク

総量規制が更なる悲劇を招いた借金地獄の図。総量規制が施行された平成22年から闇金が暗躍

借金で悩む男 消費者金融について
スポンサーリンク

借金の最大金額が年収の3分の1と決められた総量規制は平成22年6月18日から始まった。これで国は本当に借金問題が解決すると思ったのだから目出度い話だ。役人が決めた卓上の理論で上手くいくはずがない。

総量規制は更なる悲劇を招き、借金地獄の絵を描いたのだ。

スポンサーリンク

総量規制を理解していない人が借金を重ねる

総量規制を知っていれば、年収の3分の1しか貸してくれない事は知っているだろう。しかし、これを知らない人は貸してくれるところを探し続けてしまう。結果たどり着いたのが闇金なのだ。

お金に困り、一生懸命借金出来るところを探す。しかしどこも貸してくれない。その時突然お金を貸してくれるところが現れたら、そこに頼ってしまう。この時、人はもう冷静な判断なんて出来ないのだ。

結果、法外な金利で借金をしてしまい、更に借金を重ねるという地獄が待っているのだ。

スポンサーリンク

総量規制施行の2010年から闇金が暗躍

闇金は総量規制を実は喜んだのだ。2006年に利息制限法が行われるようになり闇金の存在も少し陰るようになるが、総量規制でまた動きが活発になったのだ。

総量規制は借金出来る金額の上限を決めた法律のため、本当にお金に困った時にお金が借りれなくなってしまう可能性がある法律だ。もちろん、借金なんて必要最低限にしている人には関係ない話だが、世の中そんな人ばかりでは無い。

総量規制のために借金が出来なくなる人が増える事を見込んだ闇金は上手く社会に溶け込んでお金を貸すようになったのだ。

スポンサーリンク

闇金は一見、良心的な消費者金融

闇金と言えば、怖いイメージが多いが今の闇金はそんな事は無い。物凄く親切でいろいろ相談にも載ってくれて、お金まで貸してくれる、一見しただけなら凄く良心的な消費者金融なのだ。

はっきり言えば大手のしっかりとした消費者金融の方が対応が怖いくらいだ。

だからこそ、甘い言葉で親切に相談に載ってくれる闇金に騙される人も多いのだ。

闇金=怖いところ というイメージは捨てた方が良い。

もちろん、お金を返さなければ物凄く怖いところではあるのだが。

スポンサーリンク

年収の3分の1以上でも貸してくれるところで借りていたら

そう、もし年収の3分の1以上の金額でも追加して貸してくれるところがあったのなら、それはほぼ闇金だ。自分の年収をきちんと把握して更に借金の総額を出してみよう。年収の3分の1以上借りられているのなら、その中に闇金がある事はまず間違いない。

そういう時はすぐに弁護士や司法書士に相談をすべきだ。警察でも構わない。とにかく誰かに相談をしよう!

ただ、問題なのはそういう人ほどネットとは遠い世界で生活をしており、そういう事を知らない層なのだ。

国はそういう層に対してもっときちんとした告知をすべきだ。

もし、闇金に手を出してしまったら専門の弁護士・司法書士に相談をするのが良いだろう。

そういう専門の弁護士事務所や司法書士事務所もあるのだ。

ウイズユー司法書士事務所

コメント

タイトルとURLをコピーしました