スポンサーリンク

クレジットカードの支払いが出来ない時の方法

支払い出来ない時の対応方法
スポンサーリンク

クレジットカードの支払いが10万円、手持ちは5万円しかない、そんな時はどうすれば良いか?解決方法を教える。

一番簡単なのはクレジットカード会社に電話をして分割払い、もしくはリボルビング払いにしてもらう事だ。

スポンサーリンク

クレジットカード会社の多くはリボルビング払いに変更可能

クレジットカード会社も支払いが出来ない時はどうしようもないと判断してくれる。しかし、2回遅延すればまずブラックリスト入りだ。とりあえず利息だけ払うという事はクレジットカードでは出来ない。消費者金融であればとりあえず利息だけでも払えばその場はどうにか待ってもらえる。

クレジットカードで借金を重ねる事は本当にお薦め出来ない事だが、そうも言っていられない人は多いだろう。

クレジットカードの支払いが出来ないが多少なら支払える時は、カード会社に電話をしてその月の支払い方法をリボルビング払いに変更してもらうのだ。例えば支払いが10万円あったのであれば、リボルビング払いに変更してもらえば1万円~2万円くらいの支払いで済む。

こういう支払い方法の変更が出来ないクレジットカードもあるが、かなり多くのクレジットカード会社では可能だ。例えば、イオンのクレジットカードであるイオンカードはこれが可能だった。よく支払いが出来ないため電話してリボルビング払いに変更してもらったものだ。結局は任意整理をしてすでにこのカードは無いが。

スポンサーリンク

なぜクレジットカード会社はリボルビング払いに変更してくれるか?

理由は簡単だ。一回払いの返済では金利は発生しないがリボルビング払いは金利が発生する。その方がクレジットカード会社にしてみれば利益があがるため、行ってくれるのだ。クレジットカード会社は出来れば支払いはリボルビング払いにして欲しいのだ。その方が利益が全然違うから。

クレジットカード会社の利益が大きいという事は、使っている側としてはマイナスが大きいという事になる。つまり金利をかなり取られてしまうという事だ。支払いが苦しいからリボルビング払いにすればするほど結果として自分の首をしめる事になるのだ。

例えば20万円を借りて毎月1万円の返済のリボルビング払いを行ったとしよう。金利は月1%だった場合、最初の支払いの金利は20万円の1%、2000円となる。1万円の返済の内、元金が減るのは8000円なのだ。

1ヶ月目 10000円返済 元金返済8000円 金利2000円

2ヶ月目 10000円返済 元金返済8080円 金利1920円

3ヶ月目 10000円返済 元金返済8161円 金利1839円

と続いていく。結局金利はいくらかと言えば年利18%を超えてくるのだ。正確には少し異なるが、1年間支払った金額は12万円でも金利は18000円にもなる。

20万借りて1万円ずつ返済した返し終わるのは2年後なのだ。つまり24万円を支払う事になり、2割も余分に返さなければ行けないのだ。ちなみにこれは安い方に入る。

スポンサーリンク

リボルビング払いは使わない

リボルビング払いに変更を始めたら、それはもう人生を積む前触れだ。リボルビング払いへの変更へは絶対に手をだしては駄目だ。返済出来ないからと言ってリボルビング払いにするという事は、もう任意整理を行う事と同義だと考えるべきなのだ。これは覚えておいて欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました