スポンサーリンク

どうしても債務整理をしたく無いのなら、おまとめローンもあり!ただしすべてのカードを解約する事

支払い出来ない時の対応方法
スポンサーリンク

どうしても債務整理をしたくないと思うのなら、おまとめローンも1つの方法だ。おまとめローンとは例えば消費者金融やクレジットカード会社、数社に借金がある場合、それを1つにまとめてしまい効率よく返済をする方法だ。細かく説明していく。

スポンサーリンク

おまとめローンとは、効率よく返済して低金利にする方法

おまとめローンとは、上に書いた通りであるがもっと詳細を説明する。

例えば消費者金融 A社に50万円、B社に100万円、C社に50万円、クレジットカード会社D社に50万円、E社に50万円の借金があったとしよう。合計で300万円の借金となっていたとしよう。クレジットカード会社はそれぞれ銀行引き落としのため手間は発生しないが消費者金融ならATMか窓口に毎月支払いに行く事も多いだろう。また金利も恐らくは18%くらいあるため、毎月最低でも7~8万円の返済になるだろう。

最初の1年は返済する金額の半分以上が利息となる。実際に300万を5年間で金利18%で返した場合の総額は450万円にもなる。

これを少しでも少なくしたいのなら金利を下げるしか無い。金利を下げるためにもっと安い金利で更に借金分すべてをまとめて貸してもらえれば借金返済の手間も金利も少なく済む。

これがおまとめローンだ。

恐らく300万円なら金利は高くても15%以内の金利にしてくれるだろう。そうなるとどうなるか?金利15%で5年間で返済すれば総額430万円を切る事になる。金利が12%なら総額400万円ほどになる。450万円が400万になる、確かに魅力的だ。50万円も金利で異なってくるのだから。

しかし、借金癖のあるあなたにはそんなに甘い訳が無い。

スポンサーリンク

おまとめローンを使うのなら借りた瞬間にすべてのカードを解約しろ!

今は総量規制があって必要以上にお金を借りる事は出来ないが、昔から借金をしている人にはあまり関係ない話であろう。そしておまとめローンを組んで毎月の支払いが減って金利も減って落ち着いてきた頃に同じ過ちをおかしてしまうのだ。つまり、手元にカードがあればまた借りてしまうという事だ。

これは私自身が経験した。

だからおまとめローンを組むのであれば組んだ後に持っているカードはすべて解約すべきなのだ。解約しなければ再びそのカードでお金を借りて同じ道を進んでしまう。もちろん総量規制で借りる事は以前よりも難しくなっているが借りれる段階になると恐らくまた借りてしまうだろう。

おまとめローンを組む=持っているカードは解約する

これは必ず行って欲しい。

これさえ出来るのなら、借金はきちんと返した方が良い。債務整理をすると5年間はクレジットカードも作れないしローンも組めない。おまとめローンできちんと返せるのなら返し終わった後にも必要に応じてローンは組めるから断然、良いだろう。

もちろん、わざと借金が出来ない状況にしてしまうために債務整理をして5年間はお金を物理的に借りれなくしてしまう事も良いだろう。

下記に1度相談してみるのも良いかもしれない。

スポンサーリンク

どこも貸してくれない時は

しかし、借金があっておまとめローンにしたくてもどこも貸してくれない事は最近ではよくある話だ。連帯保証人も必要な場合も多い。一応、おまとめローンは総量規制の例外として認められている。一番良いのは銀行系から借りる事だ。

しかし、どこも貸してくれないのなら、どこなら貸してくれるか相談をするのも致し方ないだろう。下記サイトならどこで貸してくれるか教えてくれるので本当に困った時には利用するのも良いかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました